「au 三太郎ファン感謝デー」イベントが6日、東京都内で行われ、俳優の松田翔太、桐谷健太、濱田岳が登壇した。

 桃ちゃん(桃太郎)役の松田、浦ちゃん(浦島太郎)役の桐谷、金ちゃん(金太郎)役の濱田がそろってイベントに登場するのは約3年ぶり。現在までに98作が放映された「三太郎」シリーズだが、2015年元日に放送された第1作目が上映されると、松田は「懐かしい。撮影が厳しかったのでよく覚えています」としみじみ。濱田が「長野の山奥で12月ごろ。寒かった~」と身震いすると、桐谷は「その時からノンスリーブだったもんね!」と笑顔で懐かしんだ。

 当時の2人の印象を尋ねられた濱田は「みんなこんなに特殊なキャラクターをやっているのに、こんなに真面目に臨むんだという衝撃とうれしさと…。僕は一番年下なのですが、兄さんたちがそんな姿勢でいくなら、僕もどんどん頑張るぞという気持ちになったのを覚えています」と振り返った。

 その後3人は、年表をたどりながら印象深いCMについてトークを展開。「もし女性だったら、三太郎の誰と付き合いたいか?」と聞かれた桐谷は、「桃ちゃんは経済力ハンパないよね~」と考え込みながら、「金ちゃんは優しいし明るいけど、すごくほれっぽいので、そこは女子として心配。桃ちゃんもモテるから心配。そういう意味では浦ちゃんがいい」と回答。松田から「自分を選ぶのってあり?」と突っ込まれると、「浦ちゃんの一途さって今の世の中が必要としているものじゃない?」と自画自賛し、笑いを誘った。