2月21日に急性心不全で亡くなった、俳優大杉漣さん(享年66)の遺作となった、テレビ東京系「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」(水曜午後9時54分)の最終第5話が7日、放送される。そのタイトルが「バイプレイヤーより愛をこめて」に決まった。同日、同局が発表した。

【写真】「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」出演者の別カット(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会

 そして松居大悟監督が最終回放送にあたり、亡くなる前日20日夜に大杉さんから「僕ら勝手に芝居してるんで、松居さんの好きなように撮ってくださいね」と声をかけられていた秘話を明かしつつ、大杉さんへの思いをつづったコメントを発表した。大杉さんは急死する約7時間前の20日午後9時ごろまで千葉・富津市で撮影を行っていた。

 松居監督 20日の夜に「僕ら勝手に芝居してるんで、松居さんの好きなように撮ってくださいね」って話したこと。いつも現場の最初と最後に「監督、おはようございます」「監督、お疲れさまでした」と声をかけてくれること。少年のような笑顔。お芝居に対する姿勢。仲間への想い。僕にとって、あなたは、とてつもないスターで、憧れで、それなのに監督扱いしてくれて、僕はいつも、どうしていいかわからず、なんとなく笑っていました。現実なんか塗り替えて、何度でも何度でも面白い芝居をしてもらっていいですか。あなたがだいすきです。おかげで一生やめられなくなりました。5話のタイトルは「バイプレイヤーより愛をこめて」にしました。バイプレイヤーズスタッフを代表して、あなたに、愛をこめて。オンエア、みてください。(原文のまま)

 大杉さんは17年1月期の「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」の放送終了後、続編の制作、放送を熱望し「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」は企画段階から関わっていた。遠藤憲一(56)田口トモロヲ(60)松重豊(55)光石研(56)と一緒にスーツを着て海の中から現れるオープニングも、大杉さんの発案だった。

 同局は、大杉さんが放送決定時に寄せたコメントも、あらためて発表した。

 大杉さん 「日本のおじさんたち、結構捨てたもんじゃないよ」という、ただ渋いだけじゃなくて、いろんな“ヒト”として生きてる姿みたいなものが、このドラマの中で散りばめられているような感じがしています。そういう意味では新しいドラマなのかなと思うので、是非一人でも多くの方に見て頂きたいと本当に願っています。(原文のまま)