お笑いタレントの出川哲朗(54)が、漫画家でタレントの蛭子能収(70)にまつわる“クズ”エピソードを披露。まことしやかにささやかれる噂の真相についても語った。

【写真】熊田曜子が見つめる中、岡村隆史とキスする出川哲朗

 出川は6日深夜放送のテレビ東京系「チマタの噺」に出演。人気を博した同局系「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の話題になり、レギュラーだった蛭子と太川陽介が卒業した理由をMCの笑福亭鶴瓶が尋ねると、出川は「あれは蛭子さんが『やってらんない』って言ってましたね。冗談で言ってるのかなって思ってたら、本気で言ってました、あの人」と笑いながらぶっちゃけた。

 また出川は、同局系で放送中の冠番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」のゲストとして出演した蛭子について、「街の人たちと触れ合うような番組なんですけど、充電なくなって『蛭子さん、充電場所、民家のおじいちゃんとかの家探して』って言ったら、『知らないオヤジとしゃべりたくないからイヤだ』って。結局、美容院に入ったんですけど、なんで美容院なの?って聞いたら『美容院だったら女の子がいるから。女の子だったらしゃべりたい』って」とのやりとりを明かした。